いりたてコーヒー豆の店 タウンコーヒー             和歌山の世界遺産にぜひお越しください。
  ホーム 店舗案内  コーヒー情報 ハンドメイド 家庭菜園・その他  リンク
ホーム >   ハンドメイド  > 抹茶シフォンケーキの作り方

 

抹茶シフォンケーキの作り方レシピ



シフォンケーキ説明

 

 

卵白を泡立てるのにキッチンエイドスタンドミキサー

(パンやお菓子をちょこちょこ作るのであればとても便利)と

卵白を泡立てるのに クイジナート ハンドミキサー  

があると簡単です。

 

 

1 材料・作方

シフォン材料抹茶と薄力粉

 

シフォン20cm 1台分

砂糖 30g
卵黄 4個分
サラダ油 50g
牛乳 80g
薄力粉110g
抹茶10g 

抹茶はこんなところでも買えます
【抹茶】食品用 抹茶 300g缶入

卵白 5個分
砂糖 70g
バニラエッセンス 少々

材料は前もってキッチリ
計量しておきます。

薄力粉と抹茶は合わせてあらかじめふるっておきます

卵白は冷蔵庫で十分冷やしておきます。

卵は新鮮な方が良いと思いますが

近所のスーパー根来の特売10個58円を使用

2
卵黄を電動ミキサーで十分にほぐします。
3

十分ほぐれたら砂糖30gを投入し

ぼったりするまで攪拌します

4
油投入画像

ぼったりしてきたら 油を入れてさらに

十分に泡立てます。

この頃に平行して卵白の泡立て作業を


開始します。さらにオーブンを


熱風 230度で予熱を開始します。

卵白の作業は7番に飛びます

5
牛乳投入

次に牛乳を入れてあわ立てます。


十分泡立てます。終わると

6
合わす

振るっておいた小麦粉を

ゴムベラで混ぜます。

7
卵白

卵白は先ず軽く混ぜます。

混ぜたら卵白用の砂糖の半分を入れ

さらに攪拌します。

8

さすがキッチンエイド

きめ細かい泡が出来てきました。

さらに卵白用の半分の砂糖を入れ

さらに攪拌します。

9
卵白完成

角が立つようになると攪拌終了します。

角は立ちすぎても、

立たなくても良くないようです

10
メレンゲを3回に分け合わす

6番で出来上がったものに

メレンゲを3分の1の量を入れ

ゴムベラで攪拌します。

11
メレンゲ2回目

さらに3分の1のメレンゲを入れ

ゴムベラで攪拌します。

12

型に生地を入れ

オーブンの温度を180度に下げ

30分焼きます。

テーブルにぽんぽんと叩き空気を抜きます。

13

焼き始めて7.8分で

シフォンナイフで4箇所

切込みを入れます。

14
抹茶シフォン焼き上げ

きれいに膨らんでいます。

竹串を刺し何も付かなかったので

焼くのをストップしました。

抹茶を入れると少し膨らみが悪いよう

に思います。が十分膨らんでいますので

しっとりとふわふわです。

でももっと膨らむように研究します。

15

ウイスキーのビンにひっくり返して刺しみ

冷えるまでおいて置きます。

16 出来上がり
抹茶シフォン出来上がり

出来上がりです。

しっとりふわふわに出来上がりました。

出来上がりは上々です。

 

1回目 抹茶15gで作りましたが抹茶の味かきつかったので

2回目に抹茶10gで作ると丁度良い具合です。

ホイップを添えて食べるとよりおいしいです

今回は クイジナート ハンドミキサー のみ使って

20cmのシフォンを焼いてみました。

画像に一部キッチンエイドと昔のハンドミキサーの画像がありますがシフォンケーキの作り方の

画像を流用していますのでご了承下さい。

今はクイジナートのハンドミキサーのみで作っています。

クイジナート ハンドミキサー は

そんなに高くないのであると便利です。

付属のスパチュラは少し硬くゴムベラを使ったほうが良いです。


レシピTOP

シフォンの材料はこちらでお世話になっています リンク

 その他のハンドメイドレシピはこちらから

アウトドアテントの設営と撤収方法はこちら

アウトドア関係はこちら



バーナー1  バーナー2  バーナー3


リンクはフリーです。バーナーも自由にお使いください。 メールでお知らせ頂けたらうれしいです。


Copyright (C) 2005 TOWN COFFEE. All Rights Reserved